2017年5月16日火曜日

ジョージ・オーウェル『1984年』での言語(ニュースピーク)に関する部分の解説

以下は、学部4年生用の授業「現代社会の英語使用」の題材の一つとして使う英文を読むための補助資料です。以下をまず読んでから英文を読むと理解が容易になるかと思います。ただ、正確な翻訳・抄訳ではありませんのでご注意ください。


今回はジョージ・オーウェルの小説『1984年』の、言語について書かれた部分を題材とします。

この小説は、昨年、トランプ氏が大統領に選出されてからアメリカでベストセラーになりました。

トランプ政権と「1984」 独裁国家描いた暗黒小説が今、売れるわけ
http://mainichi.jp/articles/20170215/dde/012/030/010000c
Why ‘1984’ Is a 2017 Must-Read
https://www.nytimes.com/2017/01/26/books/why-1984-is-a-2017-must-read.html
Reading the Classic Novel That Predicted Trump
https://www.nytimes.com/2017/01/17/books/review/classic-novel-that-predicted-trump-sinclar-lewis-it-cant-happen-here.html


簡単にまとめますと、トランプ氏の政治姿勢が、全体主義的であるので、全体主義国家のあり方を克明に描いたこの小説に再度光があたったわけですが、最近の日本でも以下のようなことが起こっていますし、この記事を書いている時点では、少なくとも一部の識者からは戦前の治安維持法のように暴走しかねないと深刻な懸念が表明されている「共謀罪」が(事実上の)強行採決へと向かおうとしていますので、この本は日本でももっときちんと読まれるべきではないでしょうか。

道徳教科書、事細かに注文 パン屋を和菓子屋に… (日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24HGS_V20C17A3CR0000/
<記者の目>道徳教科書 初の検定(毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20170510/org/00m/070/004000c
「そもそも」用法、政府が答弁書で正当化
https://mainichi.jp/articles/20170512/k00/00e/040/296000c
<政府答弁書>「そもそも」は基本的に 文法的にどだい無理
https://mainichi.jp/articles/20170513/ddm/041/010/133000c


上記の「和菓子屋」や「そもそも」の問題(特に後者)などは、一見、細かいどうでもいいことのように思えますが、ことばの意味をおろそかにすること、ひいてはことばから意味を奪うことの恐ろしさについて、下の『1984年』からの抜粋を読んでよく考えてもらいたいと思います(また、刑法の体系を根本的に変えかねない「共謀罪」を「テロ等準備罪」と与党が呼び替えることについてもよくよく考えて下さい)。


自由や権利について語り合うこと、すなわち政治的な事柄について話し合い行動することは、憲法第12条(この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ)にありますように、私たち市民の義務ですが、政治について語る時も、しばしば「反日」や「パヨク」あるいは「極右」や「ネウヨ」といった呼称で罵り合うだけになっているのも日本の現状です。こういった、短くて連呼しやすく強烈な感情を喚起しながらも、よくよく考えてみればその意味する範囲が具体的ではない語についても下を読んで考えて下さい。

教育界でも、文科省が「スーパー・グローバル」、「アクティブ・ラーニング」、「キャンドゥー・リスト」などというカタカナ語を使い始めると、誰に聞いてもその意味がよくわかっていないのに急に多くの関係者が使い始めます。そしてそのカタカナ語が現場に大きな影響を与えます。

"Critical thinking"という教育用語も、たとえば「吟味しながら考える」などと翻訳されずに、「クリティカル・シンキング」とカタカナ化され、しまいには「クリシン」と呼ばれ教育現場で普及しています。ですが、私個人としては、「クリティカル・シンキング」ということばが語られる度に "critical sinking" と聞こえてしまいますし、「クリシン」といった省略・短縮表現を多用する人々が、果たしてそのことばが本来意図していた思考法を実践しているのか疑わしく思っています。

私は通常は、まさにこの小説にに書かれているような理由で、カタカナ語(とくにそれを使った短縮・省略表現)を自分の訳にはできるだけ使わないようにしているのですが、ここではこの本に書かれた言語使用の実感をつかんでいただくため、わざとカタカナ語による翻訳表現を多用しています。

下の英文は、すべてWikiLivresから引用したものです。(1)といった番号は参照の便につけたものです。

Nineteen Eighty-Four


最初に、本の巻末にある「付録:ニュースピークの原則」からの抜粋を読みます。「ニュースピーク」 (Newspeak) とは、この物語世界で展開されている全体主義的イデオロギー(イングソック (Ingsoc) :もともとはEnglish Socialism)に基づくオセアニア国 (Oceanic) で使われている言語のことです。オセアニア国の政権は革命によって樹立されましたが、その後、敵国との戦争や国内での裏切り勢力が続いているという設定になっています。



Appendix - The Principles of Newspeak



(1) ニュースピークを作り出し、普及させることの目的

ニュースピークの目的とは、イングソックに忠誠を誓う住民にとって適切な世界観と精神的習慣を表現する方法を与えると共に、それ以外の思考を不可能にすることだ。これは新語の発明によっても達成されるが、主な手段は、イングソックにとって望ましくないことばを排除すること、それが不可能なら、それらのことばから望ましくない意味も二次的な意味も剥奪してしまうことである。

The purpose of Newspeak was not only to provide a medium of expression for the world-view and mental habits proper to the devotees of Ingsoc, but to make all other modes of thought impossible. It was intended that when Newspeak had been adopted once and for all and Oldspeak forgotten, a heretical thought--that is, a thought diverging from the principles of Ingsoc--should be literally unthinkable, at least so far as thought is dependent on words. Its vocabulary was so constructed as to give exact and often very subtle expression to every meaning that a Party member could properly wish to express, while excluding all other meanings and also the possibility of arriving at them by indirect methods. This was done partly by the invention of new words, but chiefly by eliminating undesirable words and by stripping such words as remained of unorthodox meanings, and so far as possible of all secondary meanings whatever.


(2)   語の意味や語そのものを剥奪する理由

意味の剥奪の例は"free"である。ニュースピークにもこの語は存在するが、それは「不在」という意味でしか使われない(例、 'This dog is free from lice' or 'This field is free from weeds'.)。ニュースピークには「政治的自由」や「知的自由」といった意味は、概念としてすらないので、その意味を表す語はなくなってしまった。また、ニュースピークでは思考の範囲を広げることではなく「狭める」ことが目的とされている。

To give a single example. The word FREE still existed in Newspeak, but it could only be used in such statements as 'This dog is free from lice' or 'This field is free from weeds'. It could not be used in its old sense of 'politically free' or 'intellectually free' since political and intellectual freedom no longer existed even as concepts, and were therefore of necessity nameless. Quite apart from the suppression of definitely heretical words, reduction of vocabulary was regarded as an end in itself, and no word that could be dispensed with was allowed to survive. Newspeak was designed not to extend but to DIMINISH the range of thought, and this purpose was indirectly assisted by cutting the choice of words down to a minimum.


(3) ニュースピークの構成

ニュースピークは現在の英語に基づいているが、新語抜きのニュースピークの文章を今の英語話者が理解できることはないだろう。ニュースピークは、語彙Aと語彙Bと語彙Cから構成される。

Newspeak was founded on the English language as we now know it, though many Newspeak sentences, even when not containing newly-created words, would be barely intelligible to an English-speaker of our own day. Newspeak words were divided into three distinct classes, known as the A vocabulary, the B vocabulary (also called compound words), and the C vocabulary. 


(4) 語彙A 

語彙Aは衣食住などの日常生活の記述に必要とされる語の集合である。現代英語に由来するものも多いが、現代英語の語より数ははるかに少なく、意味は一つの明確な意味しかもたないようになっている。現代英語のように、日常的な語に比喩的な意味を込めて文学や政治や哲学において語彙Aを利用することはできない。明確でイングソックの考え方に合致した思考だけを語彙Aは表すのであり、大抵の場合、その思考は具体物や物理的行動を指し示すだけである。

THE A VOCABULARY. The A vocabulary consisted of the words needed for the business of everyday life--for such things as eating, drinking, working, putting on one's clothes, going up and down stairs, riding in vehicles, gardening, cooking, and the like. It was composed almost entirely of words that we already possess words like HIT, RUN, DOG, TREE, SUGAR, HOUSE, FIELD--but in comparison with the present-day English vocabulary their number was extremely small, while their meanings were far more rigidly defined. All ambiguities and shades of meaning had been purged out of them. So far as it could be achieved, a Newspeak word of this class was simply a staccato sound expressing ONE clearly understood concept. It would have been quite impossible to use the A vocabulary for literary purposes or for political or philosophical discussion. It was intended only to express simple, purposive thoughts, usually involving concrete objects or physical actions.


(5) 語彙B 

語彙Bは明らかに政治目的のために作られた語の集合である。どの語にも政治的含意が含まれており、その語を使う人々に望ましい精神的態度を強制するようにできている。イングソックの原則を十分に理解しない限り、これらの語を正確に使うことは困難である。語彙Bの語を、オールドスピーク [=ニュースピーク以前の言語]や語彙Bの語に翻訳することは不可能ではないが、その翻訳は長ったらしいものとなりニュアンスも失われてしまう。語彙Bの語は、一種の省略記号といえる。イングソックの一連の政治思想を短い語に集約しており、その意味はこれまでの日常言語よりも正確で強力になっている。

THE B VOCABULARY. The B vocabulary consisted of words which had been deliberately constructed for political purposes: words, that is to say, which not only had in every case a political implication, but were intended to impose a desirable mental attitude upon the person using them. Without a full understanding of the principles of Ingsoc it was difficult to use these words correctly. In some cases they could be translated into Oldspeak, or even into words taken from the A vocabulary, but this usually demanded a long paraphrase and always involved the loss of certain overtones. The B words were a sort of verbal shorthand, often packing whole ranges of ideas into a few syllables, and at the same time more accurate and forcible than ordinary language.


(6) 意味の範囲がやたらと広い語を使う理由 (1)

「オールドシンク」といったニュースピークの一部の語の特殊目的は、意味の表現ではなく破壊である。これら少数の語はあまりに多くの語を包括的に意味するがゆえに、これらの語を多用することによって、もともと意味されていた多くの語の意味が無効化したり忘れ去られたりする。

But the special function of certain Newspeak words, of which OLDTHINK was one, was not so much to express meanings as to destroy them. These words, necessarily few in number, had had their meanings extended until they contained within themselves whole batteries of words which, as they were sufficiently covered by a single comprehensive term, could now be scrapped and forgotten.


(7) 意味の範囲がやたらと広い語を使う理由 (2)

「名誉」、「正義」、「道徳性」、「国際協調主義」、「民主主義」、「科学」、「宗教」といった語はもはや存在しなくなった。今やこれらを意味するのはごく少数の語だけであり、そういった語が非常に少ないがゆえに、もともとの語の意味は失われてしまった。例えば、自由や平等といった概念に関する語はすべて「犯罪思想」と呼ばれている。客観性や合理主義に関する語はすべて「オールドシンク」と呼ばれている。より精確な意味を求めることは危険である。党のメンバーに求められているのは、よくわかっていないのに「とにかく外国の人間は邪神を信じているのだ」と信じ込んでいた古代の人々と同じように振る舞うことである。

 Countless other words such as HONOUR, JUSTICE, MORALITY, INTERNATIONALISM, DEMOCRACY, SCIENCE, and RELIGION had simply ceased to exist. A few blanket words covered them, and, in covering them, abolished them. All words grouping themselves round the concepts of liberty and equality, for instance, were contained in the single word CRIMETHINK, while all words grouping themselves round the concepts of objectivity and rationalism were contained in the single word OLDTHINK. Greater precision would have been dangerous. What was required in a Party member was an outlook similar to that of the ancient Hebrew who knew, without knowing much else, that all nations other than his own worshipped 'false gods'.


(8) 省略・短縮表現を多用する理由

政治的な組織、人々、信条、などの表現は、もともとの意味をかろうじてたもつが極力短くされ発音されやすいようになった。たとえば「真理省」 [=旧来のことばでなら「宣伝省」とでも呼ばれたような政治組織] の「記録局」は「キキョ」、「創作局」は「ソキョ」などと呼ばれた [漢字は表意文字であるためここではわざとカタカナ訳にした]。この短縮化を時間の節約のためだけのものと考えてはならない。20世紀初等の全体主義国家においては、この種の省略表現を多用していた。例えば、Nationalsozialistische Deutsche Arbeiterpartei (National Socialist German Workers' Party, 国家社会主義ドイツ労働者党)は、NSDAPといった短縮表現を通り越してNazi(Nationalsozialistから由来)という呼び方で呼ばれた。20世紀の全体主義国家は直感的に短縮表現を好んでいただけだったが、ニュースピークでははっきりと意図的に短縮されていた。短縮表現をすると、もともとの表現に伴っていた連想を切り離すことができるので、意味を狭くしてかつ巧妙に歪曲できることがわかっていたからである。

The name of every organization, or body of people, or doctrine, or country, or institution, or public building, was invariably cut down into the familiar shape; that is, a single easily pronounced word with the smallest number of syllables that would preserve the original derivation. In the Ministry of Truth, for example, the Records Department, in which Winston Smith worked, was called RECDEP, the Fiction Department was called FICDEP, the Teleprogrammes Department was called TELEDEP, and so on. This was not done solely with the object of saving time. Even in the early decades of the twentieth century, telescoped words and phrases had been one of the characteristic features of political language; and it had been noticed that the tendency to use abbreviations of this kind was most marked in totalitarian countries and totalitarian organizations. Examples were such words as NAZI, GESTAPO, COMINTERN, INPRECORR, AGITPROP. In the beginning the practice had been adopted as it were instinctively, but in Newspeak it was used with a conscious purpose. It was perceived that in thus abbreviating a name one narrowed and subtly altered its meaning, by cutting out most of the associations that would otherwise cling to it.


(9) 言いやすい表現を重視する理由 (1)

ニュースピークで大切なのは意味が限定されている限りにおいては、言いやすさが何よりも大切であるとされた。必要なら文法が損なわれてもよかった。なぜなら、誰も間違えることがない短い語句こそは、何度も繰り返されて使われ、かつそれを使う人の心の中に余計なことはほとんど想起させないという点で、政治目的のためにはぴったりだったからである。

In Newspeak, euphony outweighed every consideration other than exactitude of meaning. Regularity of grammar was always sacrificed to it when it seemed necessary. And rightly so, since what was required, above all for political purposes, was short clipped words of unmistakable meaning which could be uttered rapidly and which roused the minimum of echoes in the speaker's mind.


(10) 言いやすい表現を重視する理由 (2)

この言語政策の意図は、いかなる話(とりわけイデオロギー的に中立とはいえない話)をする時にでも、その人の意識とは無関係にその話ができるようにすることであった。日常生活では時に話す前に考えることが必要かもしれないが、政治的・倫理的判断を迫られた党のメンバーは、正しい意見をマシンガン速射のように放出することができなければならないからだ。

The intention was to make speech, and especially speech on any subject not ideologically neutral, as nearly as possible independent of consciousness. For the purposes of everyday life it was no doubt necessary, or sometimes necessary, to reflect before speaking, but a Party member called upon to make a political or ethical judgement should be able to spray forth the correct opinions as automatically as a machine gun spraying forth bullets.


(11) 語彙を減らす理由

ニュースピークは私たちの言語よりも語彙が少ないが、語彙をさらに少なくするための方法は常に考案されている。ニュースピークは、語彙が増加するのではなく減少するという点で他の言語とは異なっている。しかし語彙の減少は進歩である。なぜなら、選択する語彙が少なくなればなるほど、考えてみようとする誘惑は少なくなるからだ。

Relative to our own, the Newspeak vocabulary was tiny, and new ways of reducing it were constantly being devised. Newspeak, indeed, differed from most all other languages in that its vocabulary grew smaller instead of larger every year. Each reduction was a gain, since the smaller the area of choice, the smaller the temptation to take thought. Ultimately it was hoped to make articulate speech issue from the larynx without involving the higher brain centres at all.


(12) 語彙C 

語彙Cは、語彙Aと語彙Bを補完するものであり、そのほとんどは科学か技術の用語である。これらの語は現在の英語と似ているが、語彙Aや語彙Bと同様に、意味は厳格に定義され、望ましくない意味はきれいに剥奪されている。語彙Cの語で、日常生活や政治生活のために用いられるものはほとんどない。科学者や技術者は自分の専門分野に必要な語は語彙Cのリストの中に見つけることはできるが、他の分野の語に興味をもつことはほとんどない。すべての分野に共通した語は非常に少なく、考え方もしくは思考の方法としての「科学」を表現する語は存在しない。そういった意味での「科学」に少しでも関連したような意味は、すべて「イングソック」という語で包括的に表現されている。

THE C VOCABULARY. The C vocabulary was supplementary to the others and consisted entirely of scientific and technical terms. These resembled the scientific terms in use today, and were constructed from the same roots, but the usual care was taken to define them rigidly and strip them of undesirable meanings. They followed the same grammatical rules as the words in the other two vocabularies. Very few of the C words had any currency either in everyday speech or in political speech. Any scientific worker or technician could find all the words he needed in the list devoted to his own speciality, but he seldom had more than a smattering of the words occurring in the other lists. Only a very few words were common to all lists, and there was no vocabulary expressing the function of Science as a habit of mind, or a method of thought, irrespective of its particular branches. There was, indeed, no word for 'Science', any meaning that it could possibly bear being already sufficiently covered by the word INGSOC.




以下、本文からの抜粋を読みます。本文では、上記で解説されたニュースピークの普及が推進されているオセアニア国の様子、そしてその中での主人公の受難が語られます。



本文

Part I

Chapter I


(13) 真理省(シンショウ)、平和省(ヘイショウ)、愛情省 (アイショウ)

全体主義国家における「真理省」、「平和省」、「愛情省」の説明とその略称

The Ministry of Truth, which concerned itself with news, entertainment, education, and the fine arts. The Ministry of Peace, which concerned itself with war. The Ministry of Love, which maintained law and order. And the Ministry of Plenty, which was responsible for economic affairs. Their names, in Newspeak: Minitrue, Minipax, Miniluv, and Miniplenty.


(14) 全体的で抽象的な「二分間ヘイト」

「二分間ヘイト」は、参加せざるを得ない全体的な怒りの爆発であり、個々人それぞれの役割などない。怒り対象は抽象的であり、その対象はこちらからあちらへと変えられることがある。

The horrible thing about the Two Minutes Hate was not that one was obliged to act a part, but, on the contrary, that it was impossible to avoid joining in. Within thirty seconds any pretence was always unnecessary. A hideous ecstasy of fear and vindictiveness, a desire to kill, to torture, to smash faces in with a sledge-hammer, seemed to flow through the whole group of people like an electric current, turning one even against one’s will into a grimacing, screaming lunatic. And yet the rage that one felt was an abstract, undirected emotion which could be switched from one object to another like the flame of a blowlamp.


(15) 自己催眠としてのスローガン

ビッグ・ブラザー (Big Brother オセアニア国の指導者) を称えるために時折「ビブ!ビブ!(「B-B!...B-B!」)という連呼が始まるが、連呼は自己睡眠であり、リズムにのった絶叫によって意識を眠らせることを国家は狙っている。

At this moment the entire group of people broke into a deep, slow, rhythmical chant of ‘B-B!...B-B!’— over and over again, very slowly, with a long pause between the first ‘B’ and the second — a heavy, murmurous sound, somehow curiously savage, in the background of which one seemed to hear the stamp of naked feet and the throbbing of tom-toms. For perhaps as much as thirty seconds they kept it up.  It was a refrain that was often heard in moments of overwhelming emotion. Partly it was a sort of hymn to the wisdom and majesty of Big Brother, but still more it was an act of self-hypnosis, a deliberate drowning of consciousness by means of rhythmic noise.



Chapter 3


(16)  ダブルシンク

イングソックで推奨されているダブルシンクとは、知っていながら知っておらず、語っている嘘が真実であることを意識し、互いに相矛盾し両立し得ない二つの意見を同時にもち、論理的に論理を崩し、自らは道徳的でないのに道徳を主張し、ありえない民主主義を政権政党 (the Party) が守っていると信じ、忘れるべきことは忘れながらも必要が生じると突然思い出して再び忘れ、この自己睡眠についての意識をなくすことである。「ダブルシンク」ということばを理解するためにも、ダブルシンクが必要である。

Winston sank his arms to his sides and slowly refilled his lungs with air. His mind slid away into the labyrinthine world of doublethink. To know and not to know, to be conscious of complete truthfulness while telling carefully constructed lies, to hold simultaneously two opinions which cancelled out, knowing them to be contradictory and believing in both of them, to use logic against logic, to repudiate morality while laying claim to it, to believe that democracy was impossible and that the Party was the guardian of democracy, to forget whatever it was necessary to forget, then to draw it back into memory again at the moment when it was needed, and then promptly to forget it again: and above all, to apply the same process to the process itself. That was the ultimate subtlety: consciously to induce unconsciousness, and then, once again, to become unconscious of the act of hypnosis you had just performed. Even to understand the word 'doublethink' involved the use of doublethink.


(17) 「いいね」という語とその論理的な派生語

「いいね」 (good) という語さえあれば「優秀な」や「立派な」などなどの曖昧な関連語は不必要となる。強めの表現としては「超いいね」、「超々いいね」、反対表現としては「反いいね」 (ungood)、「超反いいね」、「超々反いいね」があれば済む。

Take "good", for instance. If you have a word like "good", what need is there for a word like "bad"? "Ungood" will do just as well--better, because it's an exact opposite, which the other is not.  Or again, if you want a stronger version of "good", what sense is there in having a whole string of vague useless words like "excellent" and "splendid" and all the rest of them? "Plusgood" covers the meaning, or "doubleplusgood" if you want something stronger still. Of course we use those forms already. but in the final version of Newspeak there'll be nothing else. In the end the whole notion of goodness and badness will be covered by only six words--in reality, only one word. Don't you see the beauty of that, Winston? It was B.B.'s idea originally, of course,' he added as an afterthought.


(18) 完璧な言語と共に革命は完了する

ニュースピークはすべてにおいて思考の幅を狭め、イングソックにとって好ましくない「思想犯罪」を根絶することを目的としている。必要な概念は一語のみで厳密に表現され、関連語は根絶される。年々語彙は少なくなり、意識の幅も狭くなる。現在、思想犯罪をさせないようにするには、市民に自制を求め政権政党がリアリティ・コントロールをする必要があるが、最後にはそんなことすら必要なくなるだろう。それほどにニュースピークが完璧になった時に、イングソック革命は完了する。ニュースピークこそはイングソックであり、イングソックこそはニュースピークなのだ。

'Don't you see that the whole aim of Newspeak is to narrow the range of thought? In the end we shall make thoughtcrime literally impossible, because there will be no words in which to express it. Every concept that can ever be needed, will be expressed by exactly one word, with its meaning rigidly defined and all its subsidiary meanings rubbed out and forgotten. Already, in the Eleventh Edition, we're not far from that point. But the process will still be continuing long after you and I are dead. Every year fewer and fewer words, and the range of consciousness always a little smaller. Even now, of course, there's no reason or excuse for committing thoughtcrime. It's merely a question of self-discipline, reality-control. But in the end there won't be any need even for that. The Revolution will be complete when the language is perfect. Newspeak is Ingsoc and Ingsoc is Newspeak,' he added with a sort of mystical satisfaction. 'Has it ever occurred to you, Winston, that by the year 2050, at the very latest, not a single human being will be alive who could understand such a conversation as we are having now?'



Part II

Chapter 3


(19)  若い女主人公の信条

政権政党への組織的反対運動は必ず失敗するものであり、愚かなことである。賢いことは、政権政党が命ずる規則を破りつつも生き続けることである。イングソック革命以後の若者は、政権政党は大空のように変わることのないものであり、その権威に楯突くことなど考えない。ただウサギが犬から逃れるように政権政党の権威から逃れるだけである。

Any kind of organized revolt against the Party, which was bound to be a failure, struck her as stupid. The clever thing was to break the rules and stay alive all the same. He wondered vaguely how many others like her there might be in the younger generation people who had grown up in the world of the Revolution, knowing nothing else, accepting the Party as something unalterable, like the sky, not rebelling against its authority but simply evading it, as a rabbit dodges a dog.


Chapter 5


(20) 理解しようとしない人々

政権政党の世界観は、理解する知性のない人々にこそ浸透した。そんな人々は現実からの著しい否定ですらも、それが意味することの全体像を理解しないので、唯々諾々と受け入れたし、公共的な出来事にも興味を抱かず、何が起こっているかも知らなかった。理解を欠如させることで、イングソックの世界でも正気を保ったのである。すべてを呑み込むように受け入れたが、受け入れたもので具合を悪くすることもしなかった。まるで種が消化されないまま鳥の身体から出てしまうように、理解しない人々の中には何も残らなかったのである。

In a way, the world-view of the Party imposed itself most successfully on people incapable of understanding it. They could be made to accept the most flagrant violations of reality, because they never fully grasped the enormity of what was demanded of them, and were not sufficiently interested in public events to notice what was happening. By lack of understanding they remained sane. They simply swallowed everything, and what they swallowed did them no harm, because it left no residue behind, just as a grain of corn will pass undigested through the body of a bird.


Chapter 9



(21)  政権政党としての存続

政権政党は世襲的階級ではない。少数独裁制 (oligarchy) で大切なのは、先行する世代から課された特定の世界観と生活様式を守り続けることである。支配グループは後継者を指名し続ける限り支配グループであり得る。政権政党は、生物学的な血筋ではなく、政権政党の存在自体を永続させることにこだわっている。階級組織の構造が同じであるなら、誰が権力を行使するかは大した問題ではない。

The Party is not a class in the old sense of the word. It does not aim at transmitting power to its own children, as such; and if there were no other way of keeping the ablest people at the top, it would be perfectly prepared to recruit an entire new generation from the ranks of the proletariat. In the crucial years, the fact that the Party was not a hereditary body did a great deal to neutralize opposition. The older kind of Socialist, who had been trained to fight against something called 'class privilege' assumed that what is not hereditary cannot be permanent. He did not see that the continuity of an oligarchy need not be physical, nor did he pause to reflect that hereditary aristocracies have always been shortlived, whereas adoptive organizations such as the Catholic Church have sometimes lasted for hundreds or thousands of years. The essence of oligarchical rule is not father-to-son inheritance, but the persistence of a certain world-view and a certain way of life, imposed by the dead upon the living. A ruling group is a ruling group so long as it can nominate its successors. The Party is not concerned with perpetuating its blood but with perpetuating itself. WHO wields power is not important, provided that the hierarchical structure remains always the same.


(22) 思想警察はすべてを監視する

 政権政党のメンバーは、生まれてから死ぬまで思想警察 (thought police) の監視下におかれる。一人でいるときも安心できない。どこにいようが、寝ていようが起きていようが、仕事をしていようが休んでいようが、風呂に入っていようが床についていようが、メンバーは警告なしに、あるいは調べられているという自覚なしに思想警察によって調べられる。思想警察に無関係なものなどなにもない。友人づきあい、余暇の活動、家族とのやり取り、一人でいる時の表情、寝言、身体の癖などあらゆることが思想警察によって徹底的に調べられる。実際の軽犯罪だけではなく、どんな小さな奇行も、生活習慣の変更も、内心の葛藤の兆候とみなされうる癖も、すべてが思想警察によって発見される。どの方面に関しても選択の自由などというものはない。

A Party member lives from birth to death under the eye of the Thought Police. Even when he is alone he can never be sure that he is alone. Wherever he may be, asleep or awake, working or resting, in his bath or in bed, he can be inspected without warning and without knowing that he is being inspected. Nothing that he does is indifferent. His friendships, his relaxations, his behaviour towards his wife and children, the expression of his face when he is alone, the words he mutters in sleep, even the characteristic movements of his body, are all jealously scrutinized. Not only any actual misdemeanour, but any eccentricity, however small, any change of habits, any nervous mannerism that could possibly be the symptom of an inner struggle, is certain to be detected. He has no freedom of choice in any direction whatever.


(23) 犯罪が起こす可能性を持つ者に対して、正式な法律や規則なしに粛清や逮捕や拷問や投獄や誘拐を行う

その反面、加える法律も規則も具体的な行為に対して制限を加えているわけではない。オセアニア [物語の舞台となっている全体主義国家] に法律はない。見つかれば即死刑となる思想も行為も、正式に禁じられているわけではない。粛清や逮捕や拷問や投獄や誘拐は引きも切らないが、それらは実際に行われた犯罪に対する懲罰ではなく、将来のある辞典でひょっとしたら犯罪を犯すかもしれない者をきれいさっぱりと消してしまうことにすぎない。政権政党のメンバーは正しい意見だけでなく、正しい本能をもつことが要求されている。政権政党メンバーに求められる信念や態度が明確に述べられることはない(もし述べられたらイングソック内部にある矛盾を露わにしてしまうだろう)。ある人がもし生まれついての正しい人間なら(ニュースピークでは「いいねシンカー」と呼ばれる)、その人はいかなる状況でも、まったく考えることなしに、どの信念が正しく、どの情動的行動が正しいかを知ることができる。

On the other hand his actions are not regulated by law or by any clearly formulated code of behaviour. In Oceania there is no law. Thoughts and actions which, when detected, mean certain death are not formally forbidden, and the endless purges, arrests, tortures, imprisonments, and vaporizations are not inflicted as punishment for crimes which have actually been committed, but are merely the wiping-out of persons who might perhaps commit a crime at some time in the future. A Party member is required to have not only the right opinions, but the right instincts. Many of the beliefs and attitudes demanded of him are never plainly stated, and could not be stated without laying bare the contradictions inherent in Ingsoc. If he is a person naturally orthodox (in Newspeak a GOODTHINKER), he will in all circumstances know, without taking thought, what is the true belief or the desirable emotion.


(24) 犯罪予防

政権政党メンバーに個人的感情など許されないし、政権政党が望む熱狂から逃れる術もない。国外の敵と国内の裏切り者を熱狂的に憎み、勝利に歓喜し、政権政党の権力と知恵の前にひざまづき続ける人生を送らなければならない。実生活での不満は、二分間ヘイトなどで計画的に発散させられるし、政権政党への疑いや反抗につながりかねない考えは学習した内的自制で事前に消される。この自制の最初のもっとも簡単な段階はニュースピークでは犯罪予防と呼ばれている。犯罪予防とは、まるで本能的に危険な思想に近づく寸前でストップできる能力を意味する。犯罪予防には、連想的に新しいことを考えない能力、論理的誤りを見つけない能力、イングソックにとって危険な論証は誤解する能力、異端の方向に進みかねない思考を重ねることには退屈や嫌気を覚える能力が含まれる。簡単にいえば、犯罪予防とは、身を守るための愚かさである。

A Party member is expected to have no private emotions and no respites from enthusiasm. He is supposed to live in a continuous frenzy of hatred of foreign enemies and internal traitors, triumph over victories, and self-abasement before the power and wisdom of the Party. The discontents produced by his bare, unsatisfying life are deliberately turned outwards and dissipated by such devices as the Two Minutes Hate, and the speculations which might possibly induce a sceptical or rebellious attitude are killed in advance by his early acquired inner discipline. The first and simplest stage in the discipline, which can be taught even to young children, is called, in Newspeak, CRIMESTOP. CRIMESTOP means the faculty of stopping short, as though by instinct, at the threshold of any dangerous thought. It includes the power of not grasping analogies, of failing to perceive logical errors, of misunderstanding the simplest arguments if they are inimical to Ingsoc, and of being bored or repelled by any train of thought which is capable of leading in a heretical direction. CRIMESTOP, in short, means protective stupidity.


(25) 政権政党にとって都合がよいように事実をどう扱うかという忖度が常に求められている

しかし愚かさだけでは十分でない。というより、完全な意味での正しさとは、身体を自由に曲げる曲芸士が身体に対してもっているような完全なまでのコントロールを自らの心の動きに対してもつことなのである。オセアニア社会は、究極のところで、ビッグ・ブラザーは万能で、政権政党は間違わないという信念に基いている。しかし実際にはビッグ・ブラザーも万能ではないし、政権政党も間違いうるのだから、ビッグ・ブラザーと政権政党に都合が良いように事実をどう扱うかという点において、絶えず忖度をすることが必要となっている。

But stupidity is not enough. On the contrary, orthodoxy in the full sense demands a control over one's own mental processes as complete as that of a contortionist over his body. Oceanic society rests ultimately on the belief that Big Brother is omnipotent and that the Party is infallible. But since in reality Big Brother is not omnipotent and the party is not infallible, there is need for an unwearying, moment-to-moment flexibility in the treatment of facts.


(26) 「白は黒」

ここでのキーワードは「白は黒」である。他の多くのニュースピーク語と同じように、この語には二つの相矛盾する意味がある。敵に向けて使われる時は、「白は黒」は、明白な事実とは反対のことを言うことを意味する。しかしこれが政権政党のメンバーに向けて使われれば、それは政権政党の規律上必要ならばあえて事実とは異なることも喜んで言うという忠誠の印という意味になる。これはまた、白は黒と「信じる」だけでなく、白は黒であるいう「知識」を得て、かつては逆のことを信じていたことなどきれいさっぱりと忘れる能力をも意味する。このためには、過去を絶えず書き換えながらもその他のことはそのままにしておく体系的な思考が必要だが、それはニュースピークでは「ダブルシンク」と呼ばれている。

The keyword here is BLACKWHITE. Like so many Newspeak words, this word has two mutually contradictory meanings. Applied to an opponent, it means the habit of impudently claiming that black is white, in contradiction of the plain facts. Applied to a Party member, it means a loyal willingness to say that black is white when Party discipline demands this. But it means also the ability to BELIEVE that black is white, and more, to KNOW that black is white, and to forget that one has ever believed the contrary. This demands a continuous alteration of the past, made possible by the system of thought which really embraces all the rest, and which is known in Newspeak as DOUBLETHINK.


(27) 現実をごまかしているが現実は損なわれていない

ダブルシンクとは、二つの相矛盾する信念を同時に受け入れる能力を意味する。政権政党の知識人は、どの方向に自分の記憶を変えなくてはならないかがわかっている。だから自分は現実をごまかしていることを自覚しているのだが、ダブルシンクによって、現実は損なわれていないと信じ込むことができる。これは意識的に行われる。さもないと精確な記憶変更ができないからだ。しかし同時にこれは無意識的に行われなければならない。さもないと虚偽の感覚、ひいては罪の感覚に苛まされてしまうからだ。

DOUBLETHINK means the power of holding two contradictory beliefs in one's mind simultaneously, and accepting both of them. The Party intellectual knows in which direction his memories must be altered; he therefore knows that he is playing tricks with reality; but by the exercise of DOUBLETHINK he also satisfies himself that reality is not violated. The process has to be conscious, or it would not be carried out with sufficient precision, but it also has to be unconscious, or it would bring with it a feeling of falsity and hence of guilt.


(28) 私は人を騙しているが正直者で、現実を歪めているが現実は損なわれていない。

ダブルシンクこそはイングソックの基盤である。なぜなら、政権政党にとっての必須の行いとは、自分はまったく正直だという感覚を保ちながら、意識的に人々をだますという目的を遂行し続けることだからだ。明らかな嘘を本当だと信じ込むこと、不都合な事実を忘れること、しかしその事実が必要になってきたら必要になった期間だけそれを忘却の底から思い出すこと、客観的な現実の存在を否定しながら、その現実についての対応をすることなどのことがすべて必要である。ダブルシンクということばを使うためにもダブルシンクを実践する必要がある。そのことばを使うことによって、その人は自分が現実を歪めているという認識を認めている。しかしそれにさらにダブルシンクを重ねて、その認識を消し去ってしまう。これを永遠に繰り返し、最後には嘘が常に真実の一歩前にいる状態になる。

DOUBLETHINK lies at the very heart of Ingsoc, since the essential act of the Party is to use conscious deception while retaining the firmness of purpose that goes with complete honesty. To tell deliberate lies while genuinely believing in them, to forget any fact that has become inconvenient, and then, when it becomes necessary again, to draw it back from oblivion for just so long as it is needed, to deny the existence of objective reality and all the while to take account of the reality which one denies--all this is indispensably necessary. Even in using the word DOUBLETHINK it is necessary to exercise DOUBLETHINK. For by using the word one admits that one is tampering with reality; by a fresh act of DOUBLETHINK one erases this knowledge; and so on indefinitely, with the lie always one leap ahead of the truth.



Part III

Chapter 3


(29)  全体主義者の権力観

政権政党は権力のために権力を求めている。人々の幸福のためや、富や驕奢や長生きなどではなく、権力、純粋なる権力に興味があるのだ。我々は過去の少数独裁制、たとえばナチス・ドイツやソビエト共産党とは異なる。それらは、自らの動機を正面から見据える勇気をもたない弱虫であり偽善者であった。権力を握るのは一時的なことで、それは人間が自由で平等な天国を地上にもたらすためだというふりをした(あるいは本当にそう信じていたのかもしれない)。我々はそうでない。我々は、奪取した権力を放棄することを考えている者など一人もいないことを熟知している。権力とは手段でなく目的である。革命を成功させるために独裁制を確立する者などいない。独裁制を確立するために革命を起こすのだ。迫害の目的は迫害、拷問の目的は拷問、権力の目的は権力なのだ。

'Now I will tell you the answer to my question. It is this. The Party seeks power entirely for its own sake. We are not interested in the good of others; we are interested solely in power. Not wealth or luxury or long life or happiness: only power, pure power. What pure power means you will understand presently. We are different from all the oligarchies of the past, in that we know what we are doing. All the others, even those who resembled ourselves, were cowards and hypocrites. The German Nazis and the Russian Communists came very close to us in their methods, but they never had the courage to recognize their own motives. They pretended, perhaps they even believed, that they had seized power unwillingly and for a limited time, and that just round the corner there lay a paradise where human beings would be free and equal. We are not like that. We know that no one ever seizes power with the intention of relinquishing it. Power is not a means, it is an end. One does not establish a dictatorship in order to safeguard a revolution; one makes the revolution in order to establish the dictatorship. The object of persecution is persecution. The object of torture is torture. The object of power is power. Now do you begin to understand me?'









*****




お知らせ

10代・20代の皆さん、
英語教育を変えるための提言をしてください! 
英語教育小論文コンテストを開催します。
締切は6/23です。






また、このコンテストの授賞式
最優秀論文に基づく対話の集い
7/23(日)
公開企画として開催します。
ぜひお越しください!











0 件のコメント: